事業承継円滑化支援助成金の目的

小規模事業者は経営者の高齢化や事業の将来性への不安から、後継者の確保と事業承継が難しくなっており、廃業の増加による地域経済の停滞が懸念されています。
東京都商工会連合会では、多摩地域および島しょ地域の小規模事業者が地域で持続的な発展を図ることができるよう、事業承継に先立ちコーディネーターによる経営支援と事業承継に必要な経費の一部を助成する長期的なサポートを行います。この支援策をもとに他の参考となる支援モデルを創出し、地域に普及していきます。

事業承継計画の募集について

4年以内(平成33年度まで)事業承継実施を目指した「事業承継計画」を募集し、審査基準に基づき認定します。認定した事業者に対しては、多摩・島しょ経営支援拠点のコーディネーターにより円滑な事業承継と持続的な発展に向けて専門的なサポートを行います。

対象者(下記の全ての項目に該当していること)
  • ①小規模事業者であること
    ※ 「大企業が実質的に経営に参画」している事業者は対象から除きます
  • ②多摩地域または島しょ地域に本社を置いて、5年以上同地域内で事業活動をしていること
  • ③代表者の年齢が60歳以上であること
  • ④平成33年度までに具体的な事業承継を計画していること
小規模事業者の範囲
業種 常時使用する従業員数
製造業その他 20人以下
卸売業・小売業 5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外) 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 20人以下
※業種分類は日本標準産業分類に基づきます
募集期間
平成30年11月15日(木)まで
※ 「事業承継計画」は所定の様式となります。下記より様式をダウンロードしてお申込みください。

事業承継円滑化支援助成金の内容

対象者
  • ①上記の「事業承継計画」の認定を受けていること
  • ②経営者が事業承継に向けた経営革新・販路開拓・製品開発・事業転換等の経営改善を計画していること
助成対象経費
  • ①事業承継に向けた人的体制の整備に係る経費
  • ②事業承継に向けた生産・販売体制の整備に係る経費
  • ③事業承継に向けて既存事業を終了するために係る経費
  • ④第三者事業承継に向けた関連経費
助成限度額
1回 200万円
事業承継計画期間中(4年以内)、2回まで助成金申請が可能です
助成率
助成対象経費の3分の2以内

申請から採択までの流れ

申請から採択までの流れ

募集要項・各種様式

申請に関する様式等

様式名 ダウンロード
募集要項 PDF
募集要項(別紙2 助成対象経費) PDF
事業承継計画認定申請書(様式1) Word
事業承継計画認定申請書(様式1)の記入例 PDF
事業承継計画認定申請書(様式1別添) Excel
事業承継計画認定申請書の記入例 PDF
助成金交付申請書(様式第1) Word
助成金事業計画書(様式第2) Word
助成金事業計画書(様式第2)の記入例 PDF
助成金事業計画書(様式第2別添) Excel
助成金事業計画書の記入例 PDF
申請資格確認リスト Word
提出書類チェック表 Excel
全ファイル一括ダウンロード(zip)

受付期間

平成30年11月15日(木)まで ※当日消印有効

提出先

各申請書類等は、下記の事業承継支援室へ郵送で提出してください。
必ず、記録が残る簡易書留等の方法で送付してください。

〒196-0033
東京都昭島市東町3-6-1 産業サポートスクエア・TAMA
東京都商工会連合会 事業承継支援室(担当:藤井/水木)
042-519-4380