「非対面型サービス導入支援事業」助成金



非対面型サービス【顧客と直接会わずに提供するサービス】の導入に取り組む費用の一部を助成することで、新たな生活様式の実践と3密(密閉、密集、密接)回避を前提としたビジネスモデルへの転換を後押しし、 都内中小企業者による経済活動の推進に寄与することを目的としています。



【助成対象事業のイメージ】

例:小売店が 新規にECサイトを構築 し、インターネット経由での販売を開始
例:劇場や演芸場が、オンライン配信により演目を有料 配信するサービスを開始
例:クリーニング店が自動受け渡しサービスのための設備を設置
例:2つある有人レジのうち、1つをセルフレジに切り替える場合
例:飲食店で客席に注文用のタッチパネルを設置(会計は有人であっても申請可能)



助成限度額200万(下限50万)



○助成対象経費

①備品購入費(1点あたりの購入単価が、税抜10万円以上)
②備品レンタル・リース費 ※対象期間などの詳細な規定があります。
③委託・外注費 ※パンフレットやPR用のホームページ制作は「販売促進費」となります。
④販売促進費(助成上限50万)
 ・パンフレット、チラシ、ポスターの印刷(新聞折り込み代・ポスティング代を含む)
 ・雑誌等紙媒体への広告掲載
 ・ウェブサイトへの広告掲載(バナー・リスティング広告のみ可)
 ・ホームページの構築又は改修


○助成率

助成対象経費の3分の2以内


○受付期間

令和2年6月18日から7月31日まで(郵送)必着



《東京都中小企業振興公社 HP》

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/hitaimen.html
本助成金の詳細については、上記URL「非対面型サービス導入支援事業」でご確認ください。 関連情報や応募書類の入手もこちらのページから可能です。